ドライヤーで乾燥が効果的

ドライヤーで乾燥が効果的

以前私は爪水虫に掛かったことがあります。私が持っていた水虫のイメージは、足の指と指の間が痒くなったり、ぐちゅぐちゅしたりといったものでした。私にはそういった症状は無く、少しきつめの靴を履いた時に爪が押されて痛みを感じる程度だったので、まさか自分が水虫に掛かっていたとは思ってもみませんでした。

 

あるとき、友人との会話の中で爪水虫の存在を知り、自覚症状があまりないことを聞かされ、もしかしたらと思い、皮膚科を受診したところ、爪水虫に掛かっていたことが判明しました。病院から処方される薬はもちろんですが、いろいろなインターネットなどの情報を得ていろいろと試しました。

 

治療はやはり病院から処方される薬を使うことが一番望ましいですが、お風呂上りにドライヤーで乾燥させることが効果的です。そもそも水虫になる一番の原因は足の不衛生さなので、お風呂から上がった際の足のケアが重要です。

 

お風呂から上がると私は今までパパッと足も簡単にタオルで拭き上げる程度でしたが、水気が残っている状態では水虫の原因である白癬菌が増殖してしまいます。足をお風呂で清潔に洗うことも重要ですが、洗った後よく乾燥させることがとても大切です。そうした意味でも、ドライヤーで乾燥させることが重要です。

 

 

爪水虫に効くドテラの精油

ドテラというフランスの会社が出しているエッセンシャルオイルが、爪水虫に効くと聞いて試してみました。メラルーカ、オレガノ、ラベンダーなど、さまざまな種類がありますが、私は自分の好きなラベンダーのエッセンシャルオイルを使用しました。そのときのやり方を書いてみます。

 

 爪水虫は普通に足に出来る水虫と違って、自覚症状が無く、気がついたときには病気が進行していることが多いのだそうです。私が自分の足の異常に気がついたのは、お風呂に入っているときでした。どれほど洗っても爪先がごわごわしていて、全然きれいになった感じがしないのです。それなのに、垢のようなものが、こするたびにぽろぽろ落ちてくるのです。前の日も同じように洗ったのに、翌日にはまた皮膚がはがれ落ちるのでこれはおかしいと感じました。

 

 ネットで調べたところ、爪水虫になる前兆だとわかりました。エッセンシャルオイルの効果を知ったのもこのときです。最初は皮膚科に行こうかと迷いましたが、まだ初期症状だけだし、オイルで自然に治せればそのほうが身体によいとも思いました。ネットに出ていたドテラのオイルを取り寄せて、洗った足にすり込むようにして使いました。もちろん患部を洗浄することと、なるべく高温多湿な環境にしないように気をつけました。

 

 結果はというと、とりあえず病気はそれ以上進行しなくなりました。私の場合はまだ本当に初期だったから、エッセンシャルオイルが効いたのかもしれません。よい香りに包まれて、気分まで心地よくなります。爪水虫は良くなりましたが、続けて足にオイルを塗っています。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら