爪水虫はどれくらいで治るのだろうか

爪水虫はどれくらいで治るのだろうか

爪水虫にかかってしまったら厄介です。通常の足裏にできる水虫も完治するまでに時間がかかる病気ですが、爪水虫はもっと時間がかかってしまいます。足裏の場合は患部を直接治療することはできますが、爪の場合は、一旦感染してしまうと、完全に新しい爪に生え変わるまで完治したとは言えないからです。

 

では、爪水虫どれくらいで治るのでしょうか。爪が伸びるのは一か月でも1ミリちょっとと言われています。ですから、治療をしながら完全に綺麗な爪になるまでは一年くらいかかります。私が感染した時も、爪水虫自体は軽度でしたが、綺麗な爪に生え揃うまで一年ほどかかりました。

 

治療方法ですが、一般的には塗薬を使います。もっとひどい場合だと飲み薬も併用したり、場合によっては手術をすることもあります。手術をすれば早期に治るようですが、爪をすべてはがさなければならず、生活に支障が出てしまいますので、悪化していない人は地道に塗薬で治すということになります。

 

患部が先にある場合は、その患部が伸びてきたところで切り取ると治りますが、通常は先ではなく中の方で感染していますので、今ある爪が全て生え変わる頃が治る時期となるでしょうから、やはり一年くらいはかかるでしょう。

 

 

爪水虫の治療にドクタークリアネイルを選びました

私は半年ほど前に爪水虫を患ってしまいました。前々から足の皮がめくれるなと感じていたのですが、医者にみてもらったところ、それが水虫の症状で、菌が爪にまで侵入してしまったのだろうと言うことでした。

 

医者からは飲み薬を処方されましたが、塗り薬は処方されませんでした。医者に塗り薬の処方はないのかと聞いたところ、飲み薬だけで大丈夫、塗り薬を塗っても爪に浸透しないと言われ、塗り薬を処方してもらうことはできませんでした。

 

医者にそう言われても私は納得がいきませんでした。インターネットで調べてみると、多くの人が内服薬と塗り薬を併用して治療を行っていました。しかし私の場合、塗り薬を処方してもらえませんでした。

 

少しでも早く治したいと思っていた私は、医師の処方がなくても購入できるものはないかと探しました。そして見つけたのが、ドクタークリアネイルです。ドクタークリアネイルを使った80パーセントの人が効果を実感していて、しかも効果がなければ全額返金保証がついていました。

 

すぐに私はドクタークリアネイルを購入しました。1日1回塗るだけの簡単なケアで、めんどくさがりの私でも、毎日しっかりと続けることができました。そして私の爪水虫の症状は快方に向かいました。まだ完治とはなりませんが、この調子で完治を目指したいと思います。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら