長い期間が必要ですが治るものです

長い期間が必要ですが治るものです

爪水虫を完治させるためには長い期間が必要ですが、今では優れた治療薬が数多く出ているので、確実に治るものです。水虫は白癬菌というカビの一種が増殖することで発生し、強い痒みや皮膚のただれなどを引き起こします。

 

皮膚が水虫になった場合は、塗り薬での治療が可能なので処置がしやすく、比較的完治はしやすいです。しかし、爪水虫の場合、塗り薬では白癬菌が増殖しているところまで成分が届かず、治りにくい特徴があります。

 

爪水虫の治療では、通常飲み薬が使用されます。飲み薬も長期間服用せねばならず、通常では半年から1年間飲み続けることになります。また、水虫になってしまった爪が、新しいものにすべて生え変わるまで服用を続けます。途中で飲み薬の服用をやめてしまうと、再び白癬菌の増殖が始まってしまい、水虫の症状がまた出てきます。

 

爪水虫の治療には、長い期間が必要です。また、塗り薬はほとんど効果がなく、水虫用の薬を飲み続けることになります。しかし、長期間と言っても、ほとんどの治療は1年以内に終了し、その後の薬の服用は必要ありません。

 

白癬菌は足の裏からいなくなるので、他人に水虫をうつしてしまう心配もなくなります。爪水虫の治療には根気が必要ですが、飲み薬を続けていれば治ることは確実です。

 

 

爪水虫の治療の値段は高くはないです

爪水虫の治療期間は長くなってしまうことが多いですが、治療にかかる費用の値段はそんなに高くはありません。そして、ドラッグストアなどで売られている市販薬を使うより、医療機関に行って治療を受ける方が安くで済むことが多いです。

 

市販薬の方が、薬自体の価格は安いですが、医者の診察を受けると健康保険が適用されるので、結果的には割安になります。

 

爪水虫の治療期間は、薬の服用を始めてから爪がすべて生え変わるまで待つ必要があるので、半年から1年かかります。また、飲み薬を服用することになりますが、保険が適用されるので薬の値段は安いです。

 

保険適用外の治療方法では、レーザーによるものもあります。レーザー治療の価格は高いですが、治療の時間は短く、内服薬のような副作用は発生しません。ただ、レーザーを使用するにしても、爪が生え変わるまでは治療を続ける必要があるので、半年程度は最低でもかかります。

 

爪水虫は、薬の服用を途中でやめると、再発してしまいます。その場合、また治療を始めから行うことになるので、治療全般の値段は上がります。爪水虫の治療をする時には、お金も必要ですが、根気も必要です。レーザー治療の際でも、途中でやめると再発してしまうので注意が必要です。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら