病院で処方された飲み薬

病院で処方された飲み薬

爪水虫の治療のために病院に行った時に処方されたのがラミシールです。民間療法で治そうと頑張ったのですが、治らなかったので観念して病院に行きました。

 

飲み薬の他に塗るタイプもあると言われたのですが、爪水虫をいじくるのが嫌だったので、飲み薬を処方してもらいました。私は摂食障害の治療ために抗不安薬などを飲んでいますが、ラミシールとの飲み合わせは問題ないということで処方してもらえました。ただし面倒くさかったのが、副作用がないかどうか確認するために頻繁に病院に行って血液検査を受けなければならなかったことです。

 

行って処方だけしてもらって終わりではなく、毎回血液検査で数値をチェックされるのが面倒でした。飲んだ期間は1ヶ月ほどで、最初は全く変化がありませんでしたが1週間くらいから徐々にかゆみや不快感が軽減していったように思います。患部に直接触れる必要がないので、塗り薬に比べて扱いやすかったです。

 

ネットで薬を購入することもできるようですが、副作用があると怖いので治るまで病院処方に頼りました。時間はかかりましたたが、だいたい3ヶ月ほどでほとんど症状はなくなりました。再発しないかどうかが目下のところ気になるところです。

 

 

爪水虫になって爪が剥がれる状態になりました

足の水虫は多くの人が経験しますが、私の場合は爪水虫という病気になってしまいました。足の爪に出来る水虫で、気づかないでずっとほっといたら足の親指の爪が剥がれる所までいってしまったのです。

 

初期症状は、足の親指の爪と皮膚の間に少し隙間が出来たような感じがして、痛みもかゆみも皮膚の剥がれも無く、気にしては無かったですし、もちろん薬などの利用もしていなかったです。その頃の感覚としては、靴に擦れて出来てしまったぐらいと思い込んでいたのが事実です。

 

爪の浮いた部分が白っぽくなっていたのですが、先の部分の端の方だけだったので重大な症状になるとは思いもよらなかったです。そのまま1週間が過ぎた所で爪の浮いている部分の大きさが広くなり、何かおかしいと思い始めたのです。

 

痛みはまったく無いし、ただ浮いている部分が大きくなった為に、手で爪を触ると結構動くのです。靴にぶつからないように爪は短めに切りましがその頃でも痛みはまったく無かったのです。親指の半分ぐらいまでいった症状となり、初めて病院に行ったのです。

 

病名は爪水虫で、進行性があるらしく、そのままにしておくと爪全体が剥がれる事になり、最悪指の切断まであると言われたのです。結局病院では親指の爪を全部剥がされる事になりましたが、初期症状で何らかの対応をしておけば、簡単に治まったと言い聞かされました。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら