爪水虫の予防は、その場ですぐに除菌

爪水虫の予防は、その場ですぐに除菌

皮膚が敏感で、公共施設のスリッパを、ストッキングを履いているだけの足で使用したら、必ずと言ってよいほど、水虫になります。温泉施設に入った後も水虫になります。そこで、スリッパに履き替えなくてはならない場には、ソックスを持参し、温泉やプールに入ったら、しっかり足元を洗い流して上がるようにしていました。

 

水虫の薬は、いろいろ試して、一番効き目のあったものを、常備するようにしていましたが、あるとき水虫の症状は見られないのに、一本の指の爪が少し分厚くなったことがありました。水虫の薬を塗って様子を見ていましたが、どんどん分厚くなっていきました。爪の中は軽石のようにすきすきになって、その上を硬くこんもりと分厚い爪が覆っているような状態になりました。

 

皮膚科を受診したら、爪水虫だということで飲み薬を、数週間飲み続けることになりました。1回目の受診で出された薬を飲み終わると、新しく生える爪は、まともな爪に戻りました。飲み薬が必要な爪水虫を経験して、今では予防をしっかりしています。

 

温浴施設では、最後の脱衣所が危ないので、除菌シートや水虫薬を持参して、脱衣所に上がると服を着るよりも先に、足裏から指先一本一本をきれいに除菌して、すぐにソックスをはくようにしています。公共の場では素足になったらすぐにその場で除菌、これを心がけて水虫に悩まされることはほとんどなくなりました。それでも水虫薬は、もちろん常備しています。

 

 

爪水虫の読み方はつめみずむしです

爪白癬とも呼ばれている爪水虫は、放っておくと爪の色が黄色くなってしまったり痒みやムズムズ感などが出てくるので、出来るだけ早めに治したほうがいいと言われています。ちなみに爪白癬の読み方はつめはくせん、爪水虫の読み方はつめみずむしです。

 

この爪水虫に以前罹ってしまったことがあり、僕の場合は市販薬で治しました。仕事が忙しくてあまり病院に行く時間がとれなかったので、ドラッグストアで売っていた薬を試してみたら凄く効いたという形でした。

 

爪水虫の原因は白癬菌と呼ばれるカビの仲間が爪にまで入り込んでしまい、お風呂で洗ったくらいではカビ菌が落とせないため爪の色が変わってしまったり痒くなってしまったりします。この白癬菌を消し去ってくれる成分が含まれた市販薬を使えば、軽めな爪水虫ならすぐに治るので大変便利です。実際僕も病院に行かずに市販薬だけで対処でしたので、きちんとした商品を選べばしっかりとした効果があるものと想像しておいてください。

 

爪の内側が痒いからといって爪の上からかいていたら、爪を傷つけてしまいますし見た目も悪くなってしまいますので、やっぱり市販品に頼ったほうがいいと言えます。薬によってはかなり安いので、経験者としては気軽な気持ちで試してみてほしいです。